会長ごあいさつ

Home » 当会のご案内 » 会長ごあいさつ

この度、山口県宅老所・グループホーム協会の会長に就任いたしました。私は現在、周防大島町にあるグループホームみかん畑に所属しております。就任にあたり一言ご挨拶申し上げます。

日頃より当協会の活動にご理解、そしてご支援をいただきまして心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

当協会も数年前より、長年に渡りご尽力頂いた理事が多く退任し、これまでの本会の在り方や会員の皆様、退任した理事の意を引継ぎ、若い世代の理事が増える形と代わりました。しかし、理事一人ひとりがグループホームの現場の一職員として働いております。その為会員の皆様に迅速な対応が出来なくご迷惑をお掛けする事もあるかと思います。

そのような中でも理事全員で職務が全うできるよう、協力体制を作り、会員様のご意見・ご要望にお答え出来る様に努力して参ります。その中で私がリーダーシップを取り、協会で会員様に何が出来るかなど、理事会等でしっかり論議し有言実行へと、進めて行きたいと思います。

先の定時社員総会にて役員改選の行われた今年度、まずは協会の活動の見える化を行いたいと考えます。

また、昨今の介護現場の人員不足の問題もあり、多くの事業所において研修機会があっても参加させることが出来ない実情を抱えております。山口県中央部での研修を集中させますと遠方からの参加は難しいと思いますので、当協会では地域部会としてブロック活動・研修会を充実させて行きたいと思います。

本会として目指すべきはグループホームの適切なケアの研鑽と運営の在り方が健全に開かれた活動において会員相互に繋がっていく事だと思います。

しかし、ご周知のとおりここ数年、事務局の度重なる移転の問題から会員の皆さまや他団体の皆さまにはご迷惑、ご心配をお掛けしているところです。事務運営及び会計の明確化を図り、会の運営の円滑化を図ることが重大な責務であると考えております。

最後になりましたが私自身、微力ではございますが、理事、事務局と一丸となって会員様のご要望にお答えするべく尽力いたします。是非とも会員の皆様のご理解とお力添えをお願い致しまして、簡単ではございますが会長就任の挨拶とさせて頂きます。

 

一般社団法人 山口県宅老所・グループホーム協会

会 長  山 本  隆 之