toggle
一般社団法人 山口県宅老所・グループホーム協会
2014-03-31

平成25年度学習部会による学習会総評

  ♪♪梅は~咲いたが~桜はまだかいなぁ~♪♪と待ちこがれていましたら、あっという間に開花宣言が発表されました。月日が経つのは本当に早いものだと実感します。目の前のじいちゃんばあちゃんたちは、きっと、僕たちよりもっともっと早く感じているのでしょう。僕たちは、その人生に寄り添っているのですね。

 今年度、基礎研修「虐待をしない人になるために」西部会場7月9日(火)下関市菊川ふれあい会館、東部会場7月10日(水)光市総合福祉センターにて参加者56名で開催。
専門研修Ⅰ「関わりの難しい方への専門的アプローチ」東部会場10月8日(火)岩国市市民会館、西部会場10月10日(木)山陽小野田市市民会館にて参加者51名で開催。
 専門研修Ⅱ「看取り介護研修」西部会場1月29日(水)海峡メッセ下関、東部会場2月17日(月)キリンビバレッジ周南総合スポーツセンターにて参加者55名で開催。
3研修延べ162名の参加があり、有意義な学習会であったと思います。今年度初めて開催した専門研修Ⅱ「看取り介護研修」については、現在、看取りを実践している事業所にとっては実践の確認ができたり、不安を解消できたり、今後検討していく事業所にとっては、ヒントを学べたりととても反響が大きかったように思います。私たちのまわりを見渡してもグループホームのみならず、どんどん福祉サービスが増え続けています。そのサービスを利用されているご本人、ご家族がより幸せになっていただくために、私たち専門職がより深い援助ができるよう個々のスキルを向上させていきたいものです。次年度も今年度同様、まずは、福祉現場で働く者の福祉倫理(価値)を学ぶことから始めたいと思います。ふるってご参加ください。クダラナイおやじギャグでお待ちしています(笑)。

                                                                                                                                                                         学習部会長 十楽浩之

関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください